17 min

【ルーター不要】一人暮らしにおすすめのポケットWi-Fi「10社」をランキングで紹介

一人暮らしをする場合にもポケットWi-Fiは活躍し、最短即日利用にも対応しています。ポケットWi-Fiを選ぶときは、自分の利用目的に合わせたサービス比較が大切です。

この記事では一人暮らしでポケットWi-Fiを契約するにあたって、おすすめのサービスを10社厳選しました。

ポケットWi-Fiの選び方やメリット・デメリットについても解説しています。ぜひ参考にしてください。

この記事を読んでわかること
  • おすすめのポケットWi-Fi10社
  • ポケットWi-Fiを利用するメリット・デメリット
  • 一人暮らしで使うポケットWi-Fiの選び方
  • ポケットWi-Fi・光回線・ホームルーターの比較

目次

一人暮らしはポケットWi-Fiがおすすめ!

Goodサインを出す男女

結論として、一人暮らしで使用するインターネットはポケットWi-Fiの利用がおすすめです。コスパと利便性が高いのが特徴で、特に以下のような人はポケットWi-Fiの利用が向いています。

ポケットWi-Fiの利用が向いている人
  • とにかく費用を安くしたい
  • 自宅の回線工事ができない
  • 早くWi-Fiが欲しい
  • 移動や出張が多い

料金の安さだけでなく、契約してすぐに使える・持ち運んで使えるなどがポケットWi-Fiのメリットです。

一人暮らしにおすすめのポケットWi-Fi「10社」ランキング

★5レビューのイメージ

一人暮らしにはポケットWi-Fiの利用がおすすめですが、多くのサービスの中からどれを選べばいいか悩む人も多いでしょう。

ここでは一人暮らしにおすすめのポケットWi-Fiを10社厳選し、ランキング形式で紹介します。まずは下記の比較表を見ていきましょう。

カシモWiMAXMugen WiFiどこよりもWiFi縛りなしWiFiZEUS WiFiMONSTER MOBILE
サービス名カシモWiMAXMugen Wi-FiWi-Fiレンタル屋さんどこよりもWi-Fi縛りなしWi-Fi楽天モバイル(Rakuten WiFi Pocket)ZEUS Wi-FiMONSTER MOBILEギガゴリWiFiワールドクラウドWi-Fi
月額料金3年プラン:4,455円
2年プラン:4,708円
3,718円20GB:5,850円
50GB:7,350円
100GB:8,850円
1~5GB:900円
5~20GB:1,900円
20~50GB:2,900円
50~100GB:3,400円
100~150GB:3,900円
150~200GB:4,400円
※契約期間なしの場合は+500円
10GB:2,178円
30GB:3,278円
60GB:4,103円
90GB:4,818円
~1GB:0円
1~3GB:1,078円
3~20GB:2,178円
20GB~:3,278円
20GB:2,178円
40GB:2,948円
100GB:3,828円
※契約期間なしの場合は追加料金あり
20GB:2,090円
50GB:2,640円
100GB:3,388円
※契約期間なしの場合
は+550円
20GB:2,167円
40GB:2,937円
100GB:3,817円
200GB:6,050円
20GB:2,580円
50GB:2,980円
100GB:3,718円
初期費用3,300円3,300円0円3,300円3,300円0円3,300円3,300円3,300円3,800円
契約期間2年 or 3年2年(自動更新なし)契約時に決めた利用期間2年(自動更新あり) or 契約期間なし契約期間なし or 1年 or 3年契約期間なし契約期間なし or 2年(自動更新なし)契約期間なし or 1年(自動更新あり)2年(自動更新なし)契約期間なし
通信回線WiMAX2+docomo・au・Softbankの4G LTE回線docomo・au・Softbankの4G LTE回線docomo・au・Softbankの4G LTE回線docomo・au・Softbankの4G LTE回線楽天回線エリアdocomo・au・Softbankの4G LTE回線
docomo・au・Softbankの4G LTE回線docomo・au・Softbankの4G LTE回線docomo・au・Softbankの4G LTE回線
データ容量無制限
※3日で15GBの制限あり
100GB20GB or 50GB or 100GB最大200GB10GB or 30GB or 60GB or 90GB無制限※パートナー回線エリアの場合5GB20GB or 40GB or 100GB20GB or 50GB or 100GB20GB or 40GB or 100GB or 200GB20GB or 50GB or 100GB
端末機種・5G X11
・Galaxy 5G
・U3
・G4
・601HW
・FS030W
・809SH
・AIR-1
・FS030W・H01
・U3
・Rakuten WiFi Pocket 2B
・Rakuten WiFi Pocket 2C
・H01・Macaroon SE
・Macaroon M1
・U2s・U3
・U2s
キャンペーン友人の紹介でAmazonギフト券1,500円分最大10,000円 キャッシュバック最大15,920円 キャッシュバック端末代実質0円キャンペーン初月から最大10ヶ月割引6か月間500円割引
解約金~12か月目:20,900円
13か月目~24か月目:15,400円
25か月目以降:10,450円
9,900円880円/日10,450円
※2年契約の場合
0円0円10,450円
※2年契約の場合
~12か月目:10,780円
13か月目以降:3,300円
~12か月目:24,200円
13か月目~24か月目:17,600円
25か月目以降:0円
0円
端末代
(税込)
0円0円0円0円0円7,980円0円0円0円0円
詳細公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
※価格は全て税込

上記の表をもとに、ここからはそれぞれのサービスについて詳しく解説していきます。なお、今回の選定基準は以下の通りです。

▼評価基準
  • 速度
  • 費用
  • プラン

1.最短翌日発送「カシモWiMAX」

カシモWiMAX ロゴ
出典:ka-shimo.com
サービス名カシモWiMAX
月額料金3年プラン:4,455円
2年プラン:4,708円
初期費用3,300円
契約期間2年 or 3年
通信回線WiMAX2+
データ容量無制限
※3日で15GBの制限あり
端末機種・5G X11
・Galaxy 5G
キャンペーン友人の紹介でAmazonギフト券1,500円分
解約金~12か月目:20,900円
13か月目~24か月目:15,400円
25か月目以降:10,450円
端末代0円
※価格は全て税込

カシモWiMAXは、注文後最短翌日発送に対応しているポケットWi-Fiです。使用回線はWiMAX2+となっているため、通信速度が速いのも特徴となります。

通信容量に関しても月間データ容量無制限で利用できるため、オンラインゲームや動画視聴も十分に楽しめるでしょう。ただし3日間で通算15GB使用すると、超過した翌日の18時~翌2時まで制限がかかります。

最大1Mbpsの速度まで低下してしまうため、常時快適に利用したいのであればデータ容量の管理は徹底しましょう。

✔︎CHECK
  • 最短翌日発送
  • 通信速度が速い
  • データ容量無制限

カシモwimax ネットで申し込んだ翌日には家で接続。
スピードは全く問題ない。
今日、光回線とプロバイダを解約。
生まれてはじめてNTTとの関係が無になった。
ワイモバイルも最安値のプランに変更。
一月5000円が浮くことに。

引用元:Twitter

カシモWiMAX、4Gから5G対応のに変更したんだけどマジでゴミ
変える前の方が良かったわ

起動してすぐは繋がらんし、繋がっても遅い
起動してしばらくしたら良くなるんだけど

引用元:Twitter

カシモWiMAXの実際の利用者の声によると、スムーズに繋がったという人もいれば、繋がりにくい・スピードが遅いという声もありました。利用する地域・環境によって使いやすさに差があるのかもしれません。

ワイマックス、au高い(5000円くらい)のでカシモワイマックスに変更😀
キャッシュバックとか性格上申し込み忘れるから、、純粋にやすいカシモWiMAXにしました

引用元:Twitter

2.3大キャリアの回線が使える「Mugen Wi-Fi」

Mugen Wi-Fi ロゴ
出典:mugen-wifi.com
サービス名Mugen Wi-Fi
月額料金3,718円
初期費用3,300円
契約期間2年(自動更新なし)
通信回線docomo・au・Softbankの4G LTE回線
データ容量100GB
端末機種・U3・G4
キャンペーン最大10,000円 キャッシュバック
解約金9,900円
端末代0円
※価格は全て税込

Mugen Wi-Fiは、3大キャリアであるdocomo・au・Softbankの4G LTE回線が利用できるポケットWi-Fiです。

その場で最適な回線を自動で判定・接続するため、通信が繋がらずに困ることがほとんどありません。

自動更新はなく、2年間の契約期間が設けられていますが、25か月目以降は好きなタイミングで解約できます。データ容量も100GBと十分のため、一人暮らしでは申し分ないポケットWi-Fiでしょう。

✔︎CHECK
  • 日本全国利用可能
  • 月間100GB利用できる
  • 25か月目以降解約金不要

やりたい事は
・wi-fi 料金の見直し
・最近地下移動が何気に多いから乗り換えたい  (Mugen WiFi は地下に強いらしい)
・2年使うと機種がヘタってるから乗り換えたい
ちな、ブロード WiMAX 何が何でも乗り換えたい訳でもなく、 条件さえ合えば乗り換えたいぐらい

引用元:Twitter

早速接続してみた。いやー、トライWiMAXで試した時と同じく、4G通信ながら高速通信が出来ている。mugen Wi-Fi(今立ち上げたらソフトバンク回線を掴んだ)の3倍以上、mugen Wi-Fiはどこの会社かは立ち上げた時の運次第、au回線で安定して使えるのは大きなメリットだ。

引用元:Twitter

(朗報)MUGEN Wi-Fi、与那国島でもちゃんと使える✨( ;∀;)

引用元:Twitter

3.17時までの申し込みで即日発送「Wi-Fiレンタル屋さん」

Wi-Fiレンタル屋さん ロゴ
出典:rental-store.jp
サービス名Wi-Fiレンタル屋さん
月額料金20GB:5,850円
50GB:7,350円
100GB:8,850円
初期費用0円
契約期間契約時に決めた利用期間
通信回線docomo・au・Softbankの4G LTE回線
データ容量20GB or 50GB or 100GB
端末機種・601HW
・FS030W
・809SH
・AIR-1
キャンペーン
解約金880円/日
端末代0円
※価格は全て税込

Wi-Fiレンタル屋さんは、17時までの注文で即日発送に対応しているポケットWi-Fiです。短期契約も可能で、明確な利用期間は設けられていません。

月額料金のほか、1日当たりの短期レンタルプランが提供されているのも特徴です。プランは20GB or 50GB or 100GBから選べるため、自分の利用スタイルに合わせて契約できるのは嬉しいポイントでしょう。

docomo・au・Softbankの4G LTE回線を利用しているため、対応エリアが広いのもWi-Fiレンタル屋さんのメリットの1つです。

✔︎CHECK
  • 17時までの注文で即日発送
  • 短期契約も可能
  • 20GB or 50GB or 100GBからプランを選べる

もう何度も利用しています。
旅行や家族の入院、引越しなど。

確実で簡単なところが気に入って
います。以前に比べて機種が
増えたので、より便利になって
いました。こういうの有難いです。

引用元:Twitter

レンタルWi-Fiにも通信制限がかかるので気をつけて下さい。
個人的には、1日あたりの通信制限が掛からない
Wi-Fiレンタル屋さんが使いやすいです

引用元:Twitter

4.200GBプランあり「どこよりもWi-Fi」

どこよりもWi-Fi ロゴ
出典:wifi.dokoyorimo.com
サービス名どこよりもWi-Fi
月額料金1~5GB:900円
5~20GB:1,900円
20~50GB:2,900円
50~100GB:3,400円
100~150GB:3,900円
150~200GB:4,400円
※契約期間なしの場合は+500円
初期費用3,300円
契約期間2年(自動更新あり) or 契約期間なし
通信回線docomo・au・Softbankの4G LTE回線
データ容量最大200GB
端末機種・FS030W
キャンペーン
解約金10,450円※2年契約の場合
端末代0円
※価格は全て税込

どこよりもWi-Fiは、最大200GBのプランを提供しているポケットWi-Fiです。特徴として、他のポケットWi-Fiとは違い月のデータ契約が固定されていないことがあげられます。

毎月使用したデータ量に応じて料金が確定するため、余計な料金を支払う必要がありません。また、月額料金に+500円すれば契約期間なしが選べるのも、どこよりもWi-Fiの大きな特徴でしょう。

大容量のデータも使え、さらに縛り期間のないポケットWi-Fiを探しているのであれば、どこよりもWi-Fiがおすすめです。

✔︎CHECK
  • 最大200GBまで利用可能
  • 料金は利用量に応じて変動
  • 契約期間なしが選べる

どこよりもWiFi
無制限時代の8月末に契約

しかし、8月のどなぽんキャンペーンの後に色々事件が発生していた。

紛失、破損、新品交換、修理などなどで、実はすでに3台目

毎月問題発生か?w

しかしなんだかんだで、ちゃんと対応してくれてるので、一利用者としては助かってます

引用元:Twitter

どこよりもWiFiもダメです。
無制限プランで契約した筈なのに、100G越えで、0.1M位に落ちて、今は、45G位の利用で、0.1M程に落ちました😭
WiMAXの3日で10ギガ制限で、約1Mの方が早い(怒)

引用元:Twitter

5.1ヶ月間契約期間の縛りなし「縛りなしWi-Fi」

縛りなしWi-Fi ロゴ
出典:shibarinashi-wifi.jp
サービス名縛りなしWi-Fi
月額料金10GB:2,178円
30GB:3,278円
60GB:4,103円
90GB:4,818円
初期費用3,300円
契約期間契約期間なし or 1年 or 3年
通信回線docomo・au・Softbankの4G LTE回線
データ容量10GB or 30GB or 60GB or 90GB
端末機種・H01
・U3
キャンペーン最大15,920円 キャッシュバック
解約金0円
端末代0円
※価格は全て税込

縛りなしWi-Fiは、1ヶ月間だけWi-Fiを必要とする場合に活用できるポケットWi-Fiです。「契約期間なし」のプランを選べるため、旅行や短期出張の時にも利用できます。

サービスエリアは日本全国に対応しており、docomo・au・Softbankの4G LTE回線が利用できれば問題ありません。

プランも4種類から選べるため、低容量プラン・大容量プランなど自分の利用目的に合わせて契約しましょう。

✔︎CHECK
  • 1ヶ月から利用可能
  • 日本全国で利用できる
  • プランの選択肢が豊富

とりあえず、楽天で短期契約してたポケットWi-Fiから、縛りなしWi-Fiに変更。月額で1500円は安くなった。ホッ。

あとはauの縛り終わったタイミングで格安スマホに移行とその時にWi-Fiを再検討って事で。

引用元:Twitter

縛りなしWi-Fi使ってるけど接続状態が悪すぎやねん。1日当たりの制限なしの端末に勝手に変更してきて制限かかっとるやないか!!
#縛りなしWi-Fiは安いなり

引用元:Twitter

6.データ無制限「楽天モバイル(Rakuten WiFi Pocket)」

楽天モバイル(Rakuten WiFi Pocket) スクリーンショット
出典:network.mobile.rakuten.co.jp
サービス名楽天モバイル(Rakuten WiFi Pocket)
月額料金~1GB:0円
1~3GB:1,078円
3~20GB:2,178円
20GB~:3,278円
初期費用0円
契約期間契約期間なし
通信回線楽天回線エリア
データ容量無制限
※パートナー回線エリアの場合5GB
端末機種・Rakuten WiFi Pocket 2B
・Rakuten WiFi Pocket 2C
キャンペーン端末代実質0円キャンペーン
解約金0円
端末代7,980円
※価格は全て税込

楽天モバイルが提供するポケットWi-Fiサービス「Rakuten WiFi Pocket」は、楽天回線エリア内であればデータ無制限で利用できるのが特徴です。料金も最大で3,278円(税込)となっており、他のポケットWi-Fiと比較しても高くありません。

むしろ無制限で利用できることを考えると、コスパは高いのではないでしょうか。契約期間は設けられておらず、好きなタイミングで解約できるのも大きな特徴です。

一時的に契約したい、試しにポケットWi-Fiを利用してみたい方にも「Rakuten WiFi Pocket」はおすすめのポケットWi-Fiでしょう。

✔︎CHECK
  • データ量無制限のポケットWi-Fi
  • コスパの高さが魅力
  • 契約期間、解約料ともになし

ネットが好き。でも通信料は嫌い。ってことで、ウチのネットを1年間実質無料のrakuten wifi pocketに変更してみました。一年タダ〜。タダも好き〜笑


引用元:Twitter

楽天モバイル、WiFiルーター(Rakuten WiFi Pocket)到着。1年間無料なので自宅のネット代替の検証用。
5GHz帯域に対応していない、Webコンソールのパスワード変更できない、楽天回線に限定できない、NTTのAtermのようにルーター自身でPINロックできないのは気になった。ルーターは別のを使うかな。

引用元:Twitter

7.20GBプランでは最安値「ZEUS Wi-Fi」

ZEUS Wi-Fi ロゴ
出典:zeus-wifi.jp
サービス名ZEUS Wi-Fi
月額料金20GB:2,178円
40GB:2,948円
100GB:3,828円
※契約期間なしの場合は追加料金あり
初期費用3,300円
契約期間契約期間なし or 2年(自動更新なし)
通信回線docomo・au・Softbankの4G LTE回線
データ容量20GB or 40GB or 100GB
端末機種・H01
キャンペーン初月から最大10ヶ月割引
解約金10,450円※2年契約の場合
端末代0円
※価格は全て税込

ZEUS Wi-Fiは、20GBで契約を考えている人におすすめのポケットWi-Fiです。20GBの料金は他のポケットWi-Fiと比較しても最安値で、低容量プランでの利用を考えている人はお得に契約できます。

一方で、それ以外のプランで契約する場合には、料金が高くついてしまうケースもあります。

そのためZEUS Wi-Fiは、あくまでも20GBの契約がお得なポケットWi-Fiであることを理解して契約を検討しましょう。

✔︎CHECK
  • 20GBプラン最安値
  • docomo・au・Softbank回線を利用
  • 端末代不要

無制限で利用したい方には安くておすすめ!
(WiMAXほどの速度は期待できず、極端な利用には制限がかかる場合があります。)

引用元:Twitter

Wi-Fi制限いっぱいだから
いつものタブレットではなく
通話とLINEしか使わないスマホで
楽天モバイル に接続
1Gまで無料だから助かるけど…
スマホだと老眼のおばさんには👓かけてもシンドイ😰
楽天は通話無料だし…
通信費が月 Zeus Wi-Fi 20G 2,178円だけって
安いと思いません❓

引用元:Twitter

8.国内対応エリア拡大「MONSTER MOBILE」

MONSTER MOBILE スクリーンショット
出典:monster-mobile.jp
サービス名MONSTER MOBILE
月額料金20GB:2,090円
50GB:2,640円
100GB:3,388円
※契約期間なしの場合は+550円
初期費用3,300円
契約期間契約期間なし or 1年(自動更新あり)
通信回線docomo・au・Softbankの4G LTE回線
データ容量20GB or 50GB or 100GB
端末機種・Macaroon SE
・Macaroon M1
キャンペーン6か月間500円割引
解約金~12か月目:10,780円
13か月目以降:3,300円
端末代0円
※価格は全て税込

MONSTER MOBILEは、国内の対応エリアが広いことで知られているポケットWi-Fiです。3大キャリアの回線を利用しているため、国内の4G LTE回線のエリアをほぼ網羅。不安定な通信によるのストレスは感じにくいでしょう。

料金も他のポケットWi-Fiと比較すると安い部類に入るため、月々の固定費を節約したい人にもおすすめです。契約期間は「縛りなし」と「1年契約」から選ぶことが可能。

しかし、縛りなしの場合には月々550円料金が高くなるため、実際の利用期間と解約金などを比較して契約するのがおすすめです。

✔︎CHECK
  • 国内の対応エリアが広い
  • 3大キャリアの回線を利用
  • 契約期間が選べる

モバイルWi-Fiを乗り換えたくて、とりあえずモンスターモバイルにした

○縛りが1年と短め
○端末補償込みの月額料金が安め
が決め手です

引用元:Twitter

9.大手プロバイダGMOが運営「ギガゴリWiFiワールド」

ギガゴリWiFiワールド ロゴ
出典:gmobb.jp
サービス名ギガゴリWiFiワールド
月額料金20GB:2,167円
40GB:2,937円
100GB:3,817円
200GB:6,050円
初期費用3,300円
契約期間2年(自動更新なし)
通信回線docomo・au・Softbankの4G LTE回線
データ容量20GB or 40GB or 100GB or 200GB
端末機種・U2s
キャンペーン
解約金~12か月目:24,200円
13か月目~24か月目:17,600円
25か月目以降:0円
端末代0円
※価格は全て税込

ギガゴリWiFiワールドは、大手プロバイダであるGMOが運営するポケットWi-Fiです。大手が運営していることから、サポート体制の厚さが高く評価されています。

また、200GBを提供している数少ないポケットWi-Fiであるのも特徴です。一般的なポケットWi-Fiは100GBが多いですが、100GBでは足りない人にとっては嬉しいポイントとなるでしょう。

大手ならではの安心感を得たい、とにかく大容量のプランで契約したいと考えている人であれば、ギガゴリWiFiワールドでの契約がおすすめです。

✔︎CHECK
  • 大手ならではのサポート体制
  • 最大200GBで契約できる
  • 利用エリアは日本全国

10.海外利用可能!「クラウドWi-Fi」

クラウドWi-Fi ロゴ
出典:wifi-tokyo-rentalshop.com
サービス名クラウドWi-Fi
月額料金20GB:2,580円
50GB:2,980円
100GB:3,718円
初期費用3,800円
契約期間契約期間なし
通信回線docomo・au・Softbankの4G LTE回線
データ容量20GB or 50GB or 100GB
端末機種・U3
・U2s
キャンペーン
解約金0円
端末代0円
※価格は全て税込

海外で利用可能なポケットWi-Fiを探しているのであれば、クラウドWi-Fiの契約がおすすめです。海外で利用するための手続きは必要なく、電源をつければそのまま使用できます。

また、料金に関しても使用した日数分しか発生しません。対応国は世界135か国となっており、複数の国を旅行で回るときも安心です。

料金も1日700円~設定されているのも、クラウドWi-Fiならではのメリットとなります。

✔︎CHECK
  • 海外利用にもおすすめ
  • 海外の料金は使用した日の分だけ
  • 解約金、違約金不要

そもそも一人暮らしでWi-Fiを利用するには3つの方法がある

3を示す女性

一人暮らしでWi-Fiを利用する場合、以下3つの方法に分かれます。

3つのWi-Fi利用方法
  • ポケット・モバイルWi-Fi
  • 光回線
  • ホームルーター

まずは、3つのWi-Fiについて、違いをまとめました。

種類ポケット・モバイルWi-Fi光回線ホームルーター
料金3,000円~4,000円程度4,000円~5,000円程度4,000円前後
利便性充電さえあればどこでも使える自宅でしか使えないコンセントがあれば外出先でも使える
回線速度や安定性通常使用には困らない速度だが、安定性は高くない 回線速度は速く、安定性も高い速度は速いものの安定性が悪い場合も
利用開始までの期間最短即日早くても2週間前後最短即日
※価格は全て税込

上記の表をもとに、3サービスの特徴をみていきましょう。

ポケット・モバイルWi-Fi

ポケット・モバイルWi-Fiは、場所を選ばずにWi-Fiを利用できます。ルーターと呼ばれる機器を持っていれば自宅・外出先を問わずに利用できるため、さまざまな場所でWi-Fiを利用したい人にうってつけです。

料金も光回線やホームルーターに比べれば安く済むことが多いため、固定費を節約したい人にもおすすめのWi-Fiでしょう。

ただし、月間の利用上限や日当たりの利用上限が設けられており、使い方によっては制限がかかる可能性があります。多くのデータ容量を使いたい場合には、大容量プランを提供しているポケット・モバイルWi-Fiを選ぶのがおすすめです。

✔︎CHECK
  • 利便性が高く、どこでも使える
  • 料金は安く済む場合が多い
  • データ容量の管理は必要

近年、出張や旅行だけでなく、新型コロナによる急な入院によって、ポケットWi-Fiの需要が急増中です。入院先まで配送してくれる会社や、入院期間が伸びた場合も自動延長してくれる会社もあるため、あわてて延長手続きをする必要もありません。

光回線

光回線は、回線速度や安定性が高いWi-Fiです。オンラインゲームや動画配信、大容量のデータ通信が必要な人には最適で、通信速度に不満を抱くことはありません。

また、基本的に使用量に応じた制限にかかることはなく、通信量を気にせずインターネットを利用したい人にもうってつけでしょう。

自宅でしか使えない・料金が高くつくデメリットはありますが、回線品質を求めるのであれば光回線の利用がおすすめです。

✔︎CHECK
  • 回線速度が速く、安定している
  • 通信量に制限はない
  • 自宅でしか利用できない

自宅でネットゲームや大容量動画を鑑賞したい人には、回線が安定した光回線がおすすめです。賃貸マンションでも光回線が入った物件も増えてきました。

ホームルーター

ホームルーターは、ポケット・モバイルWi-Fiと光回線の良いところを組み合わせているWi-Fiです。コンセントさえあればどこでも利用できる利便性を持ち、回線や速度は比較的速く安定しています。

そのため、基本的には自宅でWi-Fiを使い、出張や旅行の際にWi-Fiを持っていきたい人にうってつけのWi-Fiでしょう。

ただし、データ通信は無制限ではなく、上限が設けられています。そのため、ポケット・モバイルWi-Fiよりは多く利用できるものの、大容量通信をする場合は注意が必要です。

✔︎CHECK
  • 光回線とポケット・モバイルWi-Fiの中間性能
  • コンセントさえあればどこでも使える
  • データ使用量の上限は設けられている

ポケットWi-Fiよりも回線が安定しており、コンセントを挿すだけで自宅にWi-Fi環境が作れる簡単さは大きなメリット。転勤による引っ越しが多い人におすすめです。

一人暮らし向け!ポケットWi-Fiの3つの選び方

比較する女性

一人暮らしのWi-FiとしてポケットWi-Fiを利用する場合、以下3つのポイントを押さえて選ぶのがおすすめです。

ポケットWi-Fiの選び方
  • 月額料金・初期費用は適切か
  • データ容量・通信回線は用途を満たせるか
  • キャンペーンは適用できるか

3つのポイントについて、詳しくみていきましょう。

月額料金・初期費用は適切か

ポケットWi-Fiを選ぶときは、月額料金や初期費用が適切なものを選びましょう。

初期費用には主に事務手数料や送料、端末代が含まれますが、総額が安いものを選ぶことで節約につながります。また、月額料金もしっかりと比較すれば、契約期間中の費用も抑えられるでしょう。

仮に1年間契約するとして、月額料金が1,000円違えば、年間12,000円の節約になります。少しでも安いポケットWi-Fiを契約して、金銭面の負担を軽減しましょう。

データ容量・通信回線は用途を満たせるか

データ容量や通信回線が自身の利用用途を満たせるかも、契約前に確認すべきポイントです。ポケットWi-Fiにはそれぞれデータ容量が設けられており、データ容量を使い切った後は速度制限にかかります。

制限後は大きく速度が低下するため、満足にWi-Fiを利用できません。また、通信回線によって利用可能エリアが変わるため、自分が使える場所がサービスエリア対応内か確認するのも必要です。

快適にWi-Fiを利用するために、データ容量と使用している通信回線は必ず確認しましょう。

キャンペーンは適用できるか

ポケットWi-Fiを契約する際、お得なキャンペーンを適用できる場合もあります。

キャッシュバックや月額料金・端末代の割引など、さまざまな特典が定期的に提供されているため、自分に合うキャンペーンを探しましょう。

なお、キャンペーンの適用には各種条件を満たさなければなりません。条件から外れると本来受けられるキャンペーンを受けられないため、必ず該当するか確認しましょう。

一人暮らしでポケットWi-Fiを使う3つのメリット

メリットのイメージ画像

一人暮らしでポケットWi-Fiを使うとき、以下3つのメリットがあげられます。

ポケットWi-Fiのメリット
  • 外出しても利用できる
  • 工事不要ですぐに使える
  • 月額費用を安く済ませられる

3つのメリットについて、詳しくみていきましょう。

外出しても利用できる

外出先でも利用できるのは、ポケットWi-Fiならではのメリットです。具体的には以下のようなシーンでポケットWi-Fiを利用する人が多くいます。

ポケットWi-Fiの利用シーン例
  • 国内・海外旅行
  • 短期出張先
  • キャンプやレジャーなどのアウトドア

特に、仕事や学校の関係でパソコンをインターネットに繋ぐ環境を整えておきたい場合に、ポケットWi-Fiを利用する人が多いようです。

工事不要ですぐに使える

ポケットWi-Fiは、工事をしなくてもすぐに利用できるのが大きなメリットです。まずはポケットWi-Fiと光回線の工事期間や利用開始までの日数の比較を見ていきましょう。

項目ポケットWi-Fi光回線
工事期間工事不要申し込みから2週間~1ヶ月
利用開始までの日数最短即日工事完了後すぐ

ポケットWi-Fiは最短即日から利用できるため、急にWi-Fiが必要になったときにも活躍します。

また、事前に手続きをする必要もなく、実家を出て初めて一人暮らしをする際や、引っ越し時に新たにWi-Fiを用意する方にもおすすめです。

月額費用を安く済ませられる

ポケットWi-Fiは、他の方法でWi-Fiを用意するよりも月額料金が安く済みます。月額料金だけでなく初期費用も節約できるため、Wi-Fiにかける費用を減らしたい方にもおすすめです。

項目ポケットWi-Fi光回線
月額料金3,000円~4,000円程度4,000円~5,000円程度
初期費用端末代ががかかる場合があるが、ほとんど0円工事費が20,000円前後かかる
事務手数料3,000円程度3,000円程度
※価格は全て税込

上記を見ると、光回線と比較しても月額料金が1,000円程度安いことがわかりました。初期費用の端末代に関しても、レンタルの場合は月額料金に含まれていることがほとんどです。

総合的に見て、一人暮らしの場合、ポケットWi-Fiは月額料金・初期費用を節約できるWi-Fiでしょう。

一人暮らしでポケットWi-Fiを使う3つのデメリット

デメリットのイメージ

一人暮らしでポケットWi-Fiを使うデメリットとして、以下の3つがあげられます。

ポケットWi-Fiのデメリット
  1. 契約期間に縛りがある
  2. 違約金がかかる場合もある
  3. 通信制限がある

ここからは3つのデメリットについて、詳しくみていきましょう。

契約期間に縛りがある

ポケットWi-Fiを利用するときは、契約期間の縛りについて理解しておく必要があります。ポケットWi-Fiのサービスごとに契約期間はさまざまですが、2年や3年の契約期間が一般的です。

契約の時点で使用期間がある程度決まっているのであれば、使用期間に合わせた契約期間のポケットWi-Fiを契約しましょう。

なお、ポケットWi-Fiの中には契約期間なしを選べるものもあります。短期契約を希望するのであれば、契約期間なしでの契約がおすすめです。

違約金がかかる場合もある

契約期間を満たさずに解約した場合、違約金が発生することがあります。違約金は平均すると10,000円〜15,000円程度発生し、お金をあまりかけたくない方であれば大きな負担となるでしょう。

解約しても違約金が発生しない「更新月」もありますが、2年から3年に1回しかタイミングは訪れません。

そのため、うまくタイミングが合わないと無駄なコストがかかります。違約金に関してはポケットWi-Fi以外でも発生しうるため、契約時のデメリットとして理解しておきましょう。

通信制限がある

ポケットWi-Fiは光回線と異なり、1か月間もしくは3日間の通信制限が設けられています。それぞれの制限内容については、以下の通りです。

通信制限の内容
  • 1か月間の制限:超過したタイミングから月末まで通信速度低下
  • 3日間の制限:超過した翌日の18時~翌2時まで通信速度低下

月間利用制限の場合はデータの追加購入で対応できる場合もありますが、当然費用が掛かります。好きなだけWi-Fiが利用できないことにストレスを感じるなら、ポケットWi-Fi以外のサービスを活用しましょう。

一人暮らしでポケットWi-Fiを使う上でよくあるQ&A

Q&Aのイメージ

一人暮らしでポケットWi-Fiを使う上でよくある疑問として、以下の3つがあげられます。

ポケットWi-Fiのよくある疑問
  1. ポケットWi-Fiと光回線・ルーターはどれがおすすめ?
  2. ポケットWi-Fiでゲームはできる?
  3. ポケットWi-Fiを据え置きルーターとして使える?

3つの疑問について、詳しくみていきましょう。

ポケットWi-Fiと光回線・ルーターはどれがおすすめ?

ポケットWi-Fi・光回線・ホームルーターの3種類がそれぞれおすすめなのは、以下のような人です。

各サービスがおすすめの人
  • ポケットWi-Fi:外出先でWi-Fiを使う人や、旅行・出張の多い人
  • 光回線:自宅でしかWi-Fiを利用せず、加えて接続台数が多い・大容量通信をする人
  • ホームルーター:基本的には自宅でしか利用しないが、万が一の時は持ち出せるようしておきたい人

上記の例を参考にして、自分の利用環境にあったWi-Fiを契約してください。

ポケットWi-Fiでゲームはできる?

ポケットWi-Fiでゲームのプレー自体は可能です。実際、オンラインゲームをプレーするだけであれば、そこまで大容量の通信を必要としません。

光回線に比べればポケットWi-Fiは速度が劣るものの、通信速度の面でもそこまで困ることはないでしょう。

ただし、追加データのダウンロードやゲームのアップデートのときは多くのデータ容量を必要とします。ゲーム目的でポケットWi-Fiを使用するのであれば、通信制限にかかるリスクを理解してプレーするようにしましょう。

ポケットWi-Fiを据え置きルーターとして使える?

ポケットWi-Fiを据え置きルーターとして使うことはもちろん可能ですが、おすすめはしません。ポケットWi-Fiはもともと外に持ち運んで使用する想定の機器です。

充電しながら使うこともできますが、端末に大きな負荷がかかり、結果的に端末の故障にもつながります。もしポケットWi-Fiを据え置きで使いたいのであれば、代わりにホームルーターを使いましょう。

似たような性能を持ちつつも、回線速度の向上や通信制限が緩和されています。加えて料金面の差もそこまでないため、ポケットWi-Fiを据え置きで使用するよりもおすすめです。

まとめ

今回は一人暮らしにおすすめのポケットWi-Fiを10社比較・紹介してきました。まとめると、一人暮らしでポケットWi-Fiを利用するときは、自分の利用環境や使い方を整理するのが重要です。

想定している使い方に合わなければ、速度制限や利用エリアに悩まされ、結果的に契約した意味がなくなります。

まずは何を目的として契約するのか、料金やサービスは適切かを確認しましょう。この記事で紹介した内容をもとに、ぜひ自分に合ったポケットWi-Fiの契約を検討してください。

関連記事