11 min

【徹底解説】ドコモポケットWi-Fiのメリットや料金、契約手順を詳しく紹介

「ドコモのポケットWi-Fiにはどんな料金プランがある?」「ドコモのポケットWi-Fiを利用するメリットは?」

ドコモのポケットWi-Fiの利用を検討している方は、このような疑問をお持ちではないでしょうか。

ドコモのポケットWi-Fiは自社の高速回線を利用した快適な通信が魅力です。しかし、一部のプランには契約期間の縛りがあるなどのデメリットも存在するので、それらを把握した上で契約しないと後悔しかねません。

そこで本記事では、ドコモのポケットWi-Fiの料金プランやメリット・デメリットについて解説します。契約・解約方法も紹介するのでぜひ参考にしてください。

この記事を読んでわかること
  • ドコモポケットWi-Fiの料金プラン
  • ドコモポケットWi-Fiを利用するメリット・デメリット
  • ドコモポケットWi-Fiの契約方法
  • ドコモポケットWi-Fiの解約方法
  • ドコモポケットWi-Fiに関するよくある質問

ドコモポケットWi-Fiの料金プラン

出典:docomo.ne.jp

ドコモのポケットWi-Fiには以下の3つの料金プランがあります。

ドコモのポケットWi-Fiの料金プラン
  1. 5G/4G LTE ギガホプレミア
  2. 5G/4G LTE ギガライト
  3. 5G/4G LTE データプラス

それぞれの料金プランは月額料金のほか、端末の通信速度やデータ容量が異なる点に注意が必要です。3つの料金プランについて詳しく見ていきましょう。

プラン5G ギガホプレミア4G LTE ギガホプレミア5G ギガライト4G LTE ギガライト5G データプラス4G LTE データプラス
データ容量無制限60GB/月1〜7GB/月1〜7GB/月30GB/月30GB/月
月額料金7,315円7,205円3,465〜6,765円3,465〜6,765円1,100円1,100円
初期費用3,300円3,300円3,300円3,300円3,300円3,300円
※ドコモオンラインショップ
から契約すれば0円
(全プラン共通)
契約期間2年2年2年2年2年2年
※自動更新の定期契約
解約違約金最大1,000円最大1,000円最大1,000円最大1,000円最大1,000円最大1,000円
※dカード保有者なら
違約金なし

①5G/4G LTE ギガホプレミア

ギガホプレミアプランは、月間のデータ容量が60GBとなる料金プランです。月額料金はデータ使用量が3GB未満であれば5,555円・3〜60GBが7,205円となります。データ通信を60GBまで使用できるので、通信量がそれほど多くない方であれば不自由なく利用することが可能です。

日が変われば5月になります。 5月になれば私のスマホはギガホプレミアに変わります!! 60ギガ使えるから動画見放題だ!!! 今よりたくさんハロプロの姫たちに会える!!! 5月よ、はやく来いーー!!

引用元:Twitter

これまでデータ量を制限しながら使っていた人なら、これからは動画やweb漫画・音楽サービスなど、視聴範囲もぐっと広がりそうです。

しかし、一日中インターネットを利用する方や動画を頻繁に視聴する方など、通信量が多い方の場合は通信制限の対象となる可能性があります。

ドコモのギガホプレミアの60GBプランのすごいところは、それさえあればポケットWi-Fi要らない点。格安スマホ+ポケットWi-Fiより多分コスパよいと思う。

引用元:Twitter

ドコモのギガホプレミア契約してて月60ギガ使えるから、入院中はポケットwi-fiレンタルしてないんやけど、まあ1日4ギガとか使ってたらすぐ無くなるよな🙄(笑)

引用元:Twitter

次もMVNOで行こうと思っていたけれど、2021年4月からはドコモにしようかと思案中。理由は5Gギガホプレミアで、ポケットWi-Fiから解き放たれるのではないかと予感している。

あと、クレカをdカードにしてd払いと併用してポイントも稼げそうだし、わりとお得にいけそうな予感がしている🤔

引用元:Twitter

ギガホプレミアは実はテザリングが無料で利用できます。テザリングを使うための特別な手続きも不要なので、ギガホプレミアのプランが適用されている人はいつでもテザリングが利用可能です。

調べたら5Gギガホプレミアってテザリング無制限なのね🤣
Wi-Fiいらんわ🤣🤣🤣
ってことでテザなう

引用元:Twitter

5Gギガホプレミアだけ、モバイル回線の中で唯一の1日リミット制限ない無制限回線なので、

テザリングやdocomo系対応モバイルルーターに5GギガホプレミアSIMを使えば、家でも外でも完全1本集中いけます。

5Gギガホプレミアで月5TBとか使ってる猛者が、オタク界隈にはゴロゴロいるくらい

引用元:Twitter

テザリング目的でギガホプレミアプランに加入する上級者も!上手く使えば格安で5TB以上のデータ通信を楽しめるそうです。

一人暮らしの人だと、

docomoのギガホプレミアMAXプランだけ契約して、家でもテザリングでPCやゲームやタブレットに飛ばして光回線代わりも兼ねる

にして、オールインワン節約兼快適通信ライフしてたりしますね。

月間通信容量5TBとか行ったりするらしいです。

引用元:Twitter

②5G/4G LTE ギガライト

ギガライトプランは、月間のデータ容量が最大7GBと最も少ない料金プランです。月額料金はデータ使用量によって異なり、1GB未満が3,465円・1~3GBが4,565円・3〜5GBが5,665円・最大の7GBが6,765円となります。

結局これに落ちつきました😅現行プランはギガライト。MAX7G超えると速度制限が😅超過料金3000円で7Gか無制限の違いは大きいですよね〜👍docomoショップで確認したらiPhoneの月平均0.8G。iPadは0.4G。旅に出ると2〜3日であっという間に5Gくらいになるので同じ環境の人はおススメです🤗

引用元:Twitter

従量制のギガライトプランは、月々のデータ使用量が少なめで、毎月大きく変動しない人には管理しやすいプランです。ただし、料金が上がるギリギリのデータ容量の人は、料金の変動に気を使うこともあるかもしれません。

最近ドコモに乗り換えて、ギガライトにしたんだけど、久々の従量制料金プランに緊張している。

引用元:Twitter

7GBで6,765円は割高ですが、データ通信をあまり使わない月がある場合、料金が変動するので無駄な費用を削減できます。月のデータ使用量に変動がある方はギガライトプランを選びましょう。

Wi-Fiないと5Gだとあっという間に1ギガ使い終わりますよ!ギガライトだとWi-Fi有れば外出等で使っても一月5ギガ有れば十分すぎるほどですが、無かったら、、、考えただけで恐ろしい。
家にWi-Fiない友人は50ギガで契約してます。料金恐ろしく高いですよ。私はdocomoユーザーです。

引用元:Twitter

初めての携帯から、ずっとdocomoです。
今は、docomoのギガライト2(4G)のプランと楽天の1ギガまでの無料とpovo2.0 でやりくりしています。

docomo歴が長いので、なかなか外せません🥺

引用元:Twitter

昔からドコモを使っているので、なんとなくドコモから離れがたい…というロングユーザーも少なくありません。他の格安スマホと組み合わせて、ギガライトプランを選択するという方法もあります。

③5G/4G LTE データプラス

データプラスは、ギガライトやギガホプレミアを利用している方が追加で契約できるプランです。契約することで、2台目となるモバイルルーターをお得に利用できます。月額料金が1,100円と安くて利用しやすいことも特徴です。

ドコモのポケットWi-Fi契約しようか悩む データプラスでギガホにくっ付けれるなら シェアで30G使えるし データプラスなら1100円と本体代だけだし

引用元:Twitter

ドコモデータプラス変更は翌月適用か即時適用か選べる。即時の場合の料金は音声日割り+データ日割りでなくその月はデータの料金1,100円、月途中で音声に戻す場合も日割りでなく今度はその月は音声の料金。2回目からの月途中は両方の満額2重課金!ドコモショップで確認しました。

引用元:Twitter

ギガライトやギガホプレミアとセットで契約することが必要であり、単体でデータプラスを契約することはできません。データプラスで使えるデータ容量はセットになるプランによって異なり、ギガホプレミアとセットの場合は30GBまで高速通信が可能となります。

ドコモのデータプラスに関しては auのシングル化と違い 単体ではプラン変更ができません

ギガホ、ギガライトとのセット組になります。 そしてセットで組むためには 2つの回線が同名義でないと変更できないので その点もお気をつけください

引用元:Twitter

すでにギガライトやギガホプレミアといったプランを契約している方が、2台目の端末を必要としている場合にはデータプラスを利用するのがおすすめです。

ポケットwi-fi契約するってなると、端末代やらなんやらで結局ギガホにした方が安いとか出てきちゃうんですよね。
メイン回線ギガホの、データプラスで6sにSIM入れると安くて良質な回線が手に入るかもです。
ドコモで働いてるので、参考程度に聞いて頂ければ幸いですん。

引用元:Twitter

ドコモポケットWi-Fiのメリット

ドコモポケットWi-Fiには、大きく分けて以下のような5つのメリットがあります。

ドコモポケットWi-Fiのメリット
  • どこのエリアでも繋がりやすい
  • ドコモの高速回線が使える
  • モバイルバッテリーとしても利用可能
  • 通信速度になっても速度が速い
  • 割引やキャンペーンが多い

ここからは、一つ一つのメリットについて詳しく解説します。

どこのエリアでも繋がりやすい

メリットの1つが、どこのエリアにいても繋がりやすいことです。大手キャリアであるドコモの回線は全国に対応しており、幅広いエリアで快適に通信できます

山間部や離島など他のサービスでは繋がりにくいようなエリアであっても対応していることが多く、非常に通信も安定しているため、繋がりやすい回線を必要としている方におすすめです。

スッキリで携帯のブランド選び方みたいのやってるけど、ポケットWi-Fiや会社のWi-Fiあるとか全部都心部の設定の話やん?山間部の地方では大人しくドコモ使う選択肢しかないときあるよ…

引用元:Twitter

ドコモの高速回線が使える

ドコモの高速回線が使えることもメリットとして挙げられます。ドコモは国内最大手のキャリアであるため、回線の品質が高く通信速度も速いです。ドコモポケットWi-Fiでは、当然自社であるドコモの回線を利用しているので、高速で通信できるというメリットがあります。

サービスによっては、端末の性能が低かったり回線の品質が劣っていることが原因となって、速度が思うように出ないことも少なくありません。しかし、ドコモの端末は高性能で通信速度が速く、回線の品質でも優れているため、安定して高速通信が利用できます。

モバイルバッテリーとしても利用可能

端末をモバイルバッテリーとしても利用可能であることもメリットです。ドコモのモバイルルーターはバッテリー容量が大きく、他の機器とケーブルで接続して給電できます

モバイルルーターは持ち歩いて利用することが多いので、常にモバイルバッテリーを持ち歩いているのと同じような感覚で利用できるでしょう。

ポケットWi-Fiを必要としている方は他の機器を使用する機会も多いため、モバイルバッテリーとしての機能を兼ねる端末は非常に便利です。

通信制限になっても速度が速い

通信制限時の速度が速いこともメリットの1つです。ギガホプレミアプランでは、60GBのデータ容量を使い切ると速度制限がかかりますが、制限された状態でも通信速度は最大1Mbpsとなります。

これは画質にこだわらなければ動画を視聴することも可能な速度であり、普通にインターネットを利用するだけであれば不自由のない速度です。

ギガホプレミアの通信速度制限1Mbpsの体感
・ページ読み込みはそんなに重くない。画像は遅い。動画はもっと遅い。
・いわゆるゴールデンタイムは明らかに重くなる。
・通常使用には支障は無い。
通信速度制限下でもテザリングは使える。
・この速度なら青天井なので一切気にせずドンドン使える。

引用元:Twitter

ドコモ ギガホプレミア 速度制限は1Mbps
辛うじて動画視聴できるスピード(´・_・`)
(5Gは無制限❗

ギガライト速度制限128kbps
かなり重くキツい(;´Д`)

制限速度のスピード把握しとる人は?

ドコモさん言うに意外と知らない人おるって…😭

オレは再来月くらいまでプレミアで…
そんな感じで

引用元:Twitter

1Mbpsの速度制限が発生しても、動画はあまり見ない人や、SNSやメディアのチェックがメインという人には気にならないレベルです。

他社のサービスでは速度制限になると、最大128kbpsと極端に速度が落ちることが多いので、データ容量を使い切るとインターネット利用が非常に不便になります。しかし、ドコモポケットWi-Fiであれば、データ容量を使い切って通信制限を受けてもそこまで不便な思いをすることはありません

割引やキャンペーンが多い

ドコモのポケットWi-Fiには、割引やキャンペーンが多いというメリットも存在します。特にドコモの他のサービスもすでに利用している方は、適用される割引やキャンペーンが多いです。割引やキャンペーンを利用することで、料金を抑えながら快適な通信を楽しむことができます。

割引サービスの例としては、「みんなドコモ割」や「ドコモ光セット割」が代表的です。「みんなドコモ割」では家族で3回線以上ドコモと契約している場合に、月額料金から1,100円割引されます。

「ドコモ光セット割」はドコモ光の契約をしている場合に、月額料金から1,100円割引される制度です。このようにさまざまな割引やキャンペーンが用意されているのがメリットとなっています。

ドコモの5Gギガホプレミア+データプラス、家族割、ドコモ光セット割適用すると割と良心的な価格になるんだよなぁ。通話いらないなら、ahamo x2より安くなる。

引用元:Twitter

ポケットWi-Fiルーター契約したら今、契約してるスマフォの契約見直してな、ルーター持ち歩くの手間やが、一番安い少ないギガプランにして節約できる

光とかの固定回線もし、ひく方にするならキャリア(ドコモとかの事ね)に揃えた方がセット割とかで節約なる、家で動画見放題やから、オタ活捗る、(´ρ`)

引用元:Twitter

家族割や年齢の割引等、ドコモの割引サービスを組み合わせることで、かなりお得になるという声もあります。

通信会社はドコモです
5gギガホプレミアです
携帯保障以外は解約してます
あんだー30割が適用してます
家族割も確かあります
これで最初の六か月は月々2962円で済ませることができます

引用元:Twitter

ドコモの良いところ

・平均取れば他社より速い
・エリアの広さはそんなに良いと思わないけど無難な選択肢
・ギガホに対するデータプラスのコスパがエグい

引用元:Twitter

ドコモポケットWi-Fiのデメリット

ドコモのポケットWi-Fiの申し込み方法

ドコモポケットWi-Fiにはメリットだけでなく、いくつかのデメリットもあります。デメリットとして挙げられるのは主に以下の3点です。

ドコモポケットWi-Fiのデメリット
  • ギガライトプランには契約期間に縛りがある
  • ポケットWi-Fiのみの申し込みは料金が高い
  • データプラスは最大30GBまでしか高速通信できない

ここからは、一つ一つのデメリットについて詳しく見ていきましょう。デメリットのことも踏まえたうえで、自分に合ったサービスか判断することが大切です。

ドコモの悪いところ

・都心は混むので人権ない
・信者が言うほど速くない
・マイナーバンド多すぎ
・単身だと割高
・5Gパケ詰まり酷すぎ

引用元:Twitter

ギガライトプランには契約期間に縛りがある

デメリットの1つとなるのが、ギガライトプランには契約期間の縛りがあることです。ギガライトプランには2年間の定期契約のプランと、縛りのないプランの2通りがあります。

料金面を比較すると2年間の縛りがあるプランの方が安いので、安さにこだわる方の場合は縛りのあるプランを選択することになるでしょう。そのため、ギガライトプランを契約するのであれば2年縛りになることを意識しておく必要があります。

ただし、2021年に料金プランが改訂され、2年間定期契約のプランと定期契約なしのプランの料金差はほとんどなくなりました。したがって、料金を重視する方であっても縛りのないプランを選択しやすくなったと言えます。

ポケットWi-Fiのみの申し込みは料金が高い

ポケットWi-Fiのみの申し込みの場合は、料金が割高になってしまうこともデメリットです。データ容量無制限のプランを利用する場合、ドコモポケットWi-Fiの月額料金は7,315円・端末料金は68,904円となります。

他サービスの相場は月額料金は4,000円前後、端末料金は高くても20,000円程度です。また、割引制度やキャンペーンについては、他のドコモのサービスを利用していることが条件となるものが多い傾向があります。

したがって、他のドコモサービスを利用していない方がポケットWi-Fiのみを利用しようとすると、料金面で高くつきやすいです。安さを重視する方にとってはやや利用するのに向かないと言えます。

データプラスは最大30GBまでしか高速通信できない

データプラスは月額料金が1,100円と安いですが、高速通信できるのは30GBまでと限られています。そのため、データ通信量が30GBを超えてしまうと月末までは速度制限の対象となる点に注意が必要です。

iPad用に契約した5Gデータプラスの設定done
MVNOでは追加のSIM数枚まで無料のところもあるけど、ドコモはお金がかかる。
まあ¥1,100で30GBのデータSIMと考えれば割安

引用元:Twitter

ギガホプレミアなら、スマホ無制限!了解✨
が、1000円追加でポケットWi-Fiと抱き合わせたら。合わせて30GBで速度制限とはどういう事よ?
追加料金に端末代まで払うのに、、
速度制限言っても相当速いのは理解してますが、せめて60GBとかまで…

引用元:Twitter

通信制限がかかっているときの速度は最大で3Mbpsであるため、インターネットを使うだけならそれほど問題はありません。しかし、大量のデータをやり取りする方や動画視聴などの通信量の多いサービスを利用する方は不便に感じることがあります。

データ容量を気にせず高速通信を利用したい方にとっては、通信制限の対象となる可能性があるのは大きなデメリットです。

ドコモポケットWi-Fiの契約方法

ドコモのポケットWi-Fiを契約する方法としては、大きく分けて以下の3通りがあります。

ドコモのポケットWi-Fiを契約する方法
  • 店頭
  • 電話
  • オンライン

ドコモのポケットWi-Fiが常に品切れ…
一瞬あると思っても、すぐに品切れ…
在宅で、家のネットが弱い若い子に持たせたいのに…
店舗とオンラインとで、次回入荷のタイミングも違うってんだから、どこで頼めば確実なのじゃ😢

引用元:Twitter

直接店頭で契約の申し込みをする以外にも、電話やオンラインで申し込むことが可能です。自分の都合に合わせた方法で契約を申し込むといいでしょう。

ここからは、3つの契約方法の手順について取り上げます。

店頭で申し込む場合

電話やオンラインでの申し込みが難しいと感じる方や契約内容について詳しく説明してほしい方は、店頭での申し込みを選択するといいでしょう。

契約は以下のような手順で進めることになります。

  1. STEP

    ドコモショップの店舗に行く

  2. STEP

    店員にポケットWi-Fiの契約申し込みであることを伝える

  3. STEP

    契約したい料金プランや端末を選択する

  4. STEP

    指示に従いながら契約を完了する

  5. STEP

    端末を受け取って利用開始手続きを行う

このような流れでポケットWi-Fiを利用できるようになります。契約や端末のことでわからない点があれば直接店員に質問や相談が可能です。

電話で申し込む場合

電話での申し込み方法は以下の通りです。

  1. STEP

    ドコモのコールセンターに電話をかける

  2. STEP

    ポケットWi-Fiの契約を申し込みたいことを伝える

  3. STEP

    契約したい料金プランや端末を伝える

  4. STEP

    指示に従いながら契約を完了する

  5. STEP

    数日後に端末が発送される

  6. STEP

    受け取った端末で利用開始手続きを行う

電話で指示を受けながら契約を進めていけるので、自分で手続きを進めるのが苦手な方でもスムーズに契約をしやすいでしょう。

オンラインで申し込む場合

ドコモではオンラインでの契約申し込みにも対応しています。ドコモオンラインショップは24時間利用できるので、好きなタイミングで気軽に手続きが可能です。以下のような手順で契約を行いましょう。

  1. STEP

    ドコモオンラインショップにログインする

  2. STEP

    ポケットWi-Fiの契約に進む

  3. STEP

    契約したい料金プランや選ぶ

  4. STEP

    購入する方法を選び、購入手続きを完了する

  5. STEP

    数日後に端末が発送される

  6. STEP

    端末が届いたら利用開始手続きを行う

ドコモオンラインショップのメリットとして、店舗での契約と異なり事務手数料がかからないことが挙げられます。

ドコモポケットWi-Fiの解約方法

ドコモポケットWi-Fiは、ドコモショップ店頭またはドコモオンラインショップで解約手続きができます。解約手続きにあたっては、dアカウント・本人確認書類・SIMカードが必要です。店頭で解約する場合は、店員に解約したいことを伝えて手続きを進めましょう。

ドコモオンラインショップを利用する場合は、ログイン後に解約の手続きを行うことになります。定期契約の料金プランで利用している場合は、違約金がかかることもあるので注意が必要です。

ドコモポケットWi-Fiのよくある質問

ポケットWi-Fiに関するよくある質問として、次の2点が挙げられます。

ポケットWi-Fiに関するよくある質問
  • 短期レンタルサービスはある?
  • 設定方法や使い方は簡単?

ここからは上記の2点について詳しく解説します。今後利用する予定のある方は、先に疑問を解消しておくことで安心して契約できるでしょう。

短期レンタルサービスはある?

ドコモのポケットWi-Fiは短期レンタルサービスにも対応しています。ドコモグループであるドコモCSがレンタルサービスを実施しており、1日単位の短期レンタルも可能です。そのため、数日から数週間程度の短期間だけ利用したいという方は、レンタルサービスを利用すると良いでしょう。

ただし、ドコモのレンタルサービスは料金設定がやや高く、1日のレンタル料金が6,000円以上かかることもあります。他のポケットWi-Fiのレンタルサービスであれば、その半額程度でレンタルできることもあるので料金面では割高です。

設定方法や使い方は簡単?

ドコモのポケットWi-Fiの設定方法や使い方は非常に簡単です。まずはドコモのSIMをWi-Fi端末に挿入します。端末の充電が完了したら電源を入れて起動させ、初期設定を行いましょう。設定完了後、指定されたSSIDとパスワードを入力することでインターネット接続が完了します。

このように端末にSIMを差し込んで起動し、画面の指示に従って設定を進めるだけでWi-Fi環境が整うので誰でも利用しやすいです。細かな設定を自分で行う必要はなく、簡単な設定をするだけなので難易度は決して高くはありません。

また、不明な点があればドコモのサポートセンターに相談できます。電話やメールでの問い合わせが可能なので、万が一設定が上手くできないときは連絡してみましょう。

ドコモポケットWi-Fiのまとめ

ポケットWi-Fiドコモのまとめ

この記事では、ドコモのポケットWi-Fiの料金プランやメリットについて紹介しました。ドコモポケットWi-Fiには、データ容量や通信速度の異なる料金プランが複数用意されているため、自分に合ったプランを選択できます。

また、ドコモの自社回線を利用しているので安定した高速通信がいつでも可能です。回線が混み合う通勤・通学の時間も快適に利用できるでしょう。

この記事を参考に、デメリットも理解したうえでドコモのポケットWi-Fiの契約を検討してみてください。

関連記事